「暮らしに合った間取り」どう考える?|パナソニックリフォームクラブ日野店 旭ハウジング株式会社

電話番号
お問い合わせ

インスタグラム

フェイスブック

「暮らしに合った間取り」どう考える?

2022/6/21

自在に空間を構成できる、設計自由度の高さが魅力のテクノストラクチャー工法

大空間のリビングなど、暮らしに合わせた間取りづくりが叶います。

 

でも、実際に「自由に間取りを」と言われても、どう考えていったらいいのかわからないもの。

そこで今回は、間取りの打ち合わせで何を伝えればいいのか、ポイントをお話します。

 

 

大切なことは、自分たちの希望について「なぜそうしたいか」の理由や背景を伝えることです。

例えば「広いリビングが欲しい」というオーダーの場合、大切なのは「なぜそうしたいのか」という理由や目的。なぜ広さが必要なのか、そこでどう過ごしたいのか、理想の暮らしや重視しているポイントを伝えること。一口に「広いリビング」と言ってもスタイルは様々ですので、そのポイントがプランニングの手掛かりになります。

 

理由や理想を言葉にするのが難しいなら、今どのように暮らしているかを詳しく伝えるのも有効。

生活パターン家族の習慣などを話していただけると、部屋の使い方や家族の距離感がわかり、その家族に合った解決策を提案しやすくなります。

 

 

例えばリビングなら、朝、昼、夜と、誰がどう過ごしているのか。テレビを見る、仕事をする、子どもが遊ぶなど、明確な役割をもった「使いやすい空間」を提案することができます。

 

あるいはキッチンなら、忙しい共働き家庭のキッチンでは、機能的で簡単に掃除・片付けができることだったり、夫婦で一緒にキッチンに立つことが多ければ通路を広く取ったり……誰がどんなシチュエーションで使うのかが分かればプランニングもスムーズです。

買い物は週に1回、休日に車で出掛け、まとめ買い。食べ盛りの子どもがいて、食材のストックが多い。

そんな家庭なら、広めのパントリーを設けるのもありですね。

 

「間取り」という形で考えるより、「こんな暮らし方」というヒントをいただくことで、

旭ハウジングの設計スタッフが暮らしにマッチしたプランをご提案します。

今の暮らし、叶えたい暮らしについて、ぜひじっくりとお話しをお聞かせください。

 

 

------------------------------------------------------------

旭ハウジング株式会社

 

〒160-0023

東京都新宿区西新宿 1-19-5新宿幸容ビル2階

 

TEL:03-6679-1558(代表)

公式HP:https://asahi-h.co.jp/

リフォーム事例:https://www.asahi-h.co.jp/reform_jirei/

公式Facebook:https://www.facebook.com/100873858754417/

公式Instagram:https://instagram.com/asahi.housing.reform

 

------------------------------------------------------------
リフォーム事例 不動産コラム 動画一覧
New article
トップへ戻る