「テクノストラクチャー」で家を建てる。
気の良さを活かした伝統の木造軸組工法と
テクノストラクチャー工法で安心の家づくり
木に鉄を組み合わせた梁『テクノビーム』。
木造住宅の良さはそのままに、木造の弱点である梁を鉄によって補強した新技術です。
このテクノビームによって、一般的な木造軸組工法で約3.6mしかとれなかった柱と柱の間を、
最大約6m(壁心寸法)まで広げることが可能になりました。
20畳以上もの大空間が実現でき、ワイドビューを楽しめる大きな窓の設置も自由です。
震度7にも耐えうる「強さ」、
それが耐震住宅工法「テクノストラクチャー」
木の家ならではの良さを追求しながら、より心地よさと強さを実現したのが
パナソニック電工の耐震住宅工法「テクノストラクチャー工法」です。
木造住宅が持つ構造的な不安を信頼に、現場ごとのバラツキを安定品質へと変える、
これからの新しい「木の家」のかたちです。
@住宅の重みを支える梁を鉄の強さで強化 テクノストラクチャーでは、住宅の重みを支える梁に、独自に開発した高強度な「テクノビーム」を採用。
テクノビームは、軽量H型鋼を芯材に上下を木ではさんだテクノストラクチャー工法オリジナルの複合梁です。
A独自の接合金具で木造住宅の弱点を強化 木と木をつなぐ「ほぞ加工」には、地震など大きな力が加わった場合、接合部に損傷を受けやすいという弱点があります。
そこで、断面欠損を最小限に抑え、かつ接合強度を高めた「オリジナル接合金具」を開発し、住宅の強度を高めています。
B一邸ごとの構造設計で安心を強化 木と木をつなぐ「ほぞ加工」には、地震など大きな力が加わった場合、接合部に損傷を受けやすいという弱点があります。
そこで、断面欠損を最小限に抑え、かつ接合強度を高めた「オリジナル接合金具」を開発し、住宅の強度を高めています。
テクノストラクチャーについて
テクノストラクチャー.chapter1 構造計算 テクノストラクチャー.chapter2 テクノお施主様向け説明
テクノストラクチャー.chapter3 お施主様の声「東日本大震災について」 テクノストラクチャー.chapter4 制震システム
トップへ戻る